常盤ゴム株式会社は地球環境保全と事業活動の両立を目指して地域社会への貢献に努めます。

HOME > レクリエーションボール > ゲームルール「ボールの受け渡し」

<

レクリエーションボール ゲームルール「ボールの受け渡し」

障害物のついた板の上にボールを転がして次の板にボールを受け渡していこう!

2列で向かい合わせになって 椅子を並べて座ります。
2人~4人で1枚の板を囲んで持ちます。
順番にボールを転がして、ボールが止まったところの点数をチームごとに加点していきます。
1枚だけ穴の空いた板があるので、その板は1番うしろの方たちに持ってもらいます。
穴が開いた板と反対側の板からボールを転がしてスタート。
みんなで腕を使って板を動かしながら、ボールを落とさないように次の板に受け渡します。
慣れてきたら同時に2個のボールを同時に転がしても楽しいです。

ボールの受け渡しゲームの作り方

用意するもの
①ダンボール 95cm×65cmくらいの大きさ を必要な枚数分と、障害物を複数作る用の小さいサイズを1枚。
          補強が必要の場合は補強分も。【本体の枚数 目安】 1枚…3名~4名
②模造紙 本体を覆う分と、障害物を覆う分 ③マジックテープ(接着タイプ) ④洗濯ネット(円柱型) 約24cm×約36cm
⑤セロハンテープやガムテープ等、頑丈に接着できるもの(洗濯ネットをダンボールに設置する際に必要) ⑥はさみ
作り方
①本体になるダンボール(95cm×65cm)を必要な枚数用意したら、全体に模造紙を貼ります。
 用意した本体の中の1枚のダンボールは10cm×17cmの穴をあけます。
②穴の空いた本体に、洗濯ネットを設置します。
 設置する際はテープを使ったり、本体と洗濯ネットに穴をあけて紐を通して設置するなどボールが洗濯ネットに入っても洗濯ネットが取れないように頑丈に設置して下さい。
③本体のダンボールが折れ目などで曲がりやすくなってしまっている場合は裏面に更にダンボールを貼り付けて補強します。
④障害物を作ります。
3.5cm×15cmくらいの長方形ダンボールを、複数枚用意します。1つの障害物を作るのに、1枚の長方形を4枚~5枚重ねます。それを模造紙で包みます。
完成イメージ
 

 

▲ ページの先頭へ

 | 個人情報保護方針 | サイトポリシー | お問い合わせ |

  〒124-0022 東京都葛飾区奥戸2-37-15

Copyright © 2020 TOKIWA RUBBER CO., LTD. All Rights Reserved.